ここから本文です

【ボート】平田健之佑がEヤング優勝 ヤングダービーの出場権を獲得

デイリースポーツ 7月5日(火)18時47分配信

「第3回イースタンヤング・G3」(5日、浜名湖)

 1号艇の平田健之佑(29)=三重・101期・B1=がコンマ06の的確なSを決めて逃げ切った。14年8月尼崎以来となる通算3回目の優勝を飾るとともに、プレミアムG1・第3回ヤングダービー(9月20~25日・とこなめ)の出場権を手に入れた。

 外枠勢の前付けで、やや深くなったイン進入。しかも4コースの木下がフライング。外艇のへ先が視界に入る悪条件も関係なしに平田が抜群の回り足を発揮し、堂々と逃げ切った。

 「スタート判定中(の表示)がついて少しドキドキしました。でも、1Mを回った時、大丈夫と。足には自信があった。今回、自分が一番ツイていると思っていたから勝てて良かった」

 今節は繰り上がりでの出場。しかもヤングダービーへ出場するには優勝がノルマだった。そんな難関をくぐり抜けてのG1切符に「せっかくチャンスをもらったんで本番は思い切ったレースをしたい」と意気込んだ。

 ヤングダービーの出場資格は30歳未満で、来年3月に30歳になる平田にとっては最後の年に迎える大一番。師匠の井口佳典は「素質はある。あとは本人の自覚次第」と奮起を促す。最近の2期はB1級に低迷している。「もっと特徴を出さないと。早くA1級に上がれるように頑張る」。とこなめで師匠の激励に応える活躍をして、全国のファンに見せつけたい。

最終更新:7月5日(火)22時10分

デイリースポーツ

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。