ここから本文です

アニメ化決定の「武装少女マキャヴェリズム」新刊発売、横浜でサイン会

コミックナタリー 7月5日(火)17時40分配信

黒神遊夜原作による神崎かるな「武装少女マキャヴェリズム」の5巻が、7月26日に発売される。単行本の発売とアニメ化を記念し、7月30日の14時から神奈川・有隣堂 横浜駅西口コミック王国にて黒神と神崎のサイン会が決定した。

サイン会への参加にあたっては、同店で単行本を購入した先着100名に配布される整理券が必要となる。また7月8日より、電話にて整理券の予約も可能だ。そのほかの注意事項などは、店舗のサイトにて確認してほしい。

「武装少女マキャヴェリズム」は、武装した女子生徒たちに男子が支配されている学園を舞台にしたバトルアクション。学園を統率する“天下五剣”ら凄腕の女剣士たちに対して、自由を求める転校生・納村不道が無刀で戦いを挑む様子を描く。月刊少年エース(KADOKAWA)にて連載されており、先日アニメ化が発表された。

黒神遊夜&神崎かるなサイン会
日時:2016年7月30日(土)14:00~会場:有隣堂 横浜駅西口コミック王国住所:神奈川県横浜市西区南幸1-4 B1F電話番号:045-311-6265

最終更新:7月5日(火)17時40分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。