ここから本文です

Googleロゴが「探査機ジュノー」に 木星周回軌道投入を祝福

ITmedia ニュース 7月5日(火)15時41分配信

 米航空宇宙局(NASA)の無人探査機「ジュノー」(Juno)が日本時間7月5日、木星周回軌道投入に成功し、木星上空に到達した。これを記念し、Google検索のロゴの部分が、ジュノーとNASAの管制室を描いたアニメーションに変わっている。

【その他の画像】

 ジュノーは2011年8月に打ち上げられ、約5年間かけて木星に接近。5日未明、主エンジンを35分間噴射し、木星周回軌道に乗った。木星を回る探査機は、NASAの「ガリレオ」に次ぐ2機目。

 今後約1年8カ月かけ、木星の組成や重力場、磁場などを調べ、木星の成り立ちや太陽系誕生の謎に迫る。

 ジュノーの木星到着は米国時間の7月4日夜。米国の独立記念日と重なり、お祭りムードはさらに盛り上がった。「独立記念日のお祝いに、もう1つ祝うべきことが加わった。ジュノーが木星に到着した」――NASAのチャールズ・ボールデン長官はこうコメントしている。

 Googleの記念ロゴは、木星上空にいるジュノーから「拍手、クラッカー、カメラ」のデータが地上のNASA管制室に届き、スタッフが喜ぶ――という様子をアニメで表現している。クリックすると、「ジュノー」でGoogle検索した結果が表示される。

最終更新:7月5日(火)15時41分

ITmedia ニュース