ここから本文です

「神ってる」広島・鈴木が勝ち越し打 七回、同点の場面でしぶとく左前へ

デイリースポーツ 7月5日(火)20時18分配信

 「中日-広島」(5日、富山市民球場)

 広島が1-1の同点で迎えた七回、「神ってる」鈴木誠也外野手(21)の左前適時打で勝ち越しに成功した。

 先頭のルナが中前打で出塁。続く新井がフルカウントから四球を選ぶと、鈴木に打順が巡る。中日の一塁手・ビシエドはベース後ろを守っていたが、バントのサインはない。緒方監督が鈴木のバットに託すと、カウント1-1から3球目、外角の変化球に体勢を崩されながら、しぶとく左前に運んだ。

 二走ルナも激走で一気に本塁生還。4日に監督推薦で、初めて球宴に選出された若コイが4戦連続安打、2戦連続打点で流れを呼ぶと、続く下水流が左中間を破る2点二塁打で続く。この回3点を奪って、両リーグ最速の2桁勝利を目指す先発・野村を援護した。

最終更新:7月5日(火)20時23分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報