ここから本文です

Facebook、音楽クリップ共有「Music Stories」日本でスタート 「AWA」「dヒッツ」と連携

ITmedia ニュース 7月5日(火)15時50分配信

 米Facebookは7月5日、音楽配信サービス上からFacebookに30秒の音楽クリップを投稿し、友達とシェアできる機能「Music Stories」(ミュージックストーリー)の日本向け提供を始めた。スタート時点では「AWA」「dヒッツ」に対応し、今後連携サービスを増やすという。

【アプリの投稿画面】どんな表示に?

 Music Storiesは、音楽配信サービスのアプリ画面上で楽曲やアルバム、プレイリストなどを指定し、Facebookのニュースフィードに投稿できる機能。投稿した楽曲は1曲当たり30秒間試聴でき、他ユーザーが「いいね!」やコメントを付けたり、シェアしたりできる。AWA、dヒッツを使っていないFacebookユーザーも試聴は可能だ。

 2015年11月に米国などでスタートした海外版ではApple MusicとSpotifyに対応しているが、日本でのスタート時点ではこれらのアプリには非対応。日本でも今後、Apple Musicなど対応サービスの拡充を進めるという。

 AWAの小野哲太郎取締役は「楽曲聴き放題サービスでも、自分の好きな曲ばかりを聴いているユーザーが多く、全ての楽曲を楽しむのは難しい」と指摘する。Facebook連携で「好きな音楽が入ったカセットテープを恋人や友達に貸すような感覚でシェアしてほしい」と話す。このほか、アーティスト自身が新曲をFacebook上でシェアし、ファンに試聴してもらう――などの活用も見込むとしている。

最終更新:7月5日(火)18時55分

ITmedia ニュース