ここから本文です

<Wコラム>その存在感に圧倒されたチャン・グンソクの来日! 

WoW!Korea 7月5日(火)22時52分配信

チャン・グンソクが「JANG KEUN SUK ENDLESS SUMMER 2016」の開催のために、7月4日に来日した。

チャン・グンソクのプロフィールと写真

 午後7時に羽田空港に姿を見せたチャン・グンソク。サングラスで目元は隠れているが、その表情は、うれしそうにはじけている。

 いつもと同じ入国の風景だ。

 ファンはこの瞬間を待っていた。たとえどんなに時間が過ぎようとも、「永遠」に匹敵
する貴重な瞬間なのである。


■とびっきりの笑顔

 何度も見た韓流スターの入国風景。お目当てのスターが空港のロビーに姿を見せるまでには、独特の緊張感に覆われる。

 その緊張感は何度経験しても慣れることはない。いつも、身体がしびれるのだ。その感覚は、味わった者しかわからないかもしれない。

 チャン・グンソクほどの人気者になると、ロビーに集まっているファンの数も非常に多い。その人たちが、チャン・グンソクが現れる直前に一斉に「固唾を呑む」ので、一気に緊張感が高まっていく。その張り詰めた空気を見事に破って、チャン・グンソクはとびっきりの笑顔で歓迎のロビーに現れてきた。

 大歓声が起き、場は一気にお祭り状態になる。ファンの視線の先はもちろんチャン・グンソク。愛嬌のある彼が、とびっきりの笑顔を見せている。待ち焦がれたファンにとって、これ以上の至福の瞬間はない。


■ファンに投げキッス! 

 白いTシャツの上に黒いカーディガンをはおっている。黒いパンツに白いスニーカー。色彩はない。むしろ、チャン・グンソク本人が色彩なのだ。

 ファンからはどんな色にも見えている。赤、青、黄、ピンク……。チャン・グンソクはファンの心の白いキャンバスに、その人だけの色彩を付けていく。それができるからスーパースターなのだ。ファンに手を振る彼。投げキッスも送る。ファン・サービスも満点だ。

「長い時間待った甲斐があった」

 誰もがそう思うだろう。この日の感激は絶対に忘れない。


■存在感は残り続ける

 最後まで手を振り続けていたチャン・グンソク。ファンに向ける笑顔がまぶしい。しかし、ロビーは「ENDLESS」ではない。

 チャン・グンソクは名残惜しそうに去っていった。それからが、彼の本当の出番がやってくる。ロビーに残っているのはチャン・グンソクの「存在感」だ。たとえそこにいなくても、存在感は残る。ファンはその余韻にひたり続けている。その、なんとも言えない幸福。実際に見たのは数十秒でも、残像はいつまでも消えない。

 そこに、空港で彼を待つ喜びがある。


文=「ロコレ」編集部
(ロコレ提供)

最終更新:7月5日(火)22時52分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。