ここから本文です

ヤクルト山田が痛いミス 帽子拾っている間に得点される

デイリースポーツ 7月5日(火)20時30分配信

 「DeNA4-0ヤクルト」(5日、横浜スタジアム)

 ヤクルト・山田が、守備で痛いミスを犯した。0-2で迎えた八回の守り。1死二、三塁から、DeNA・関根が投前へスクイズ。一塁のベースカバーに入った山田が投手からの送球をこぼしたが、何とか拾い直して打者走者はアウトにした。

 しかし、アウトにした後、グラウンドに落ちた自らの帽子を拾っている間に、二走・石川まで本塁にかえってきた。わずかな隙を突かれ、痛い4点目を奪われた。

 試合は打線がDeNA先発・山口の前に散発3安打、無得点に封じられた。連勝は3でストップした。

最終更新:7月5日(火)23時45分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報