ここから本文です

劇団「毛皮族」主宰・江本純子が監督務めた青春エロ群像劇「過激派オペラ」公開

映画ナタリー 7月5日(火)18時40分配信

劇団「毛皮族」の主宰・江本純子が監督した「過激派オペラ」が公開される。

本作は江本の自伝的小説「股間」を原作とするR15+指定の青春群像劇。ある“女たらし”な女性演出家の成功と挫折を、辛辣かつユーモラス、そしてエロティックに描く。主演を務めるのは「百円の恋」「瀬戸内海賊物語」の早織と、「ゾンビアス」の中村有沙。個性あふれる劇団員を桜井ユキ、森田涼花、佐久間麻由、後藤ユウミ、石橋穂乃香、今中菜津美が演じ、宮下今日子、遠藤留奈、梨木智香、大駱駝艦、安藤玉恵、高田聖子、趣里、増田有華が脇を固める。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「過激派オペラ」は10月1日より東京・テアトル新宿にて公開。

最終更新:7月5日(火)18時40分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。