ここから本文です

国内初の「Android One」端末登場 シャープ製「507SH」 OSアップグレードを保証

ITmedia ニュース 7月5日(火)17時29分配信

 Googleが各国のOEMメーカーと協力して展開しているスマートフォン開発プログラム「Android One」を採用した日本初の端末が登場した。シャープ製の5.0インチ端末「507SH」で、Y!mobileが7月下旬に発売する。価格は未定だが、MNP時の実売価格は2万円台になる見込み。

【拡大画像】国内初の「Android One」端末「507SH」

 Android Oneは、開発途上国向けに安価な端末を提供する目的で2014年にスタートした取り組み。現在は、各国のニーズにあったハードと「Googleが考えるAndroid 体験」を提供する取り組みとして、世界21カ国で展開している。

 対応端末は最新のAndroid OSを利用でき(発売からから18カ月間に最低1回以上のアップデートを保証)、セキュリティー機能も最低2年間は毎月自動でアップデートされるため「安心して利用できる」としている。Googleの標準アプリを中心に搭載し、余計なアプリがプリインストールされていないシンプルさも売りだ。

 507SHは、5.0インチ(1280×720ピクセル)のIGZOディスプレイ、オクタコアのMSM8952、16GBのROM、2GBのRAM、有効約1310万画素のメインカメラを搭載。防水(IPX5/8相当)・防じん(IP5X相当)性能、3010mAhのバッテリー、ワンセグ機能などを備えたミッドレンジ端末だ。

 OSは最新のAndroid 6.0 Marshmallowだが、次期OS「Nougat」(ヌガー)へのアップグレードが保証されることになる。

最終更新:7月5日(火)20時4分

ITmedia ニュース