ここから本文です

広島、連勝で貯金を今季最多「17」 野村は両リーグ最速10勝目

デイリースポーツ 7月5日(火)20時49分配信

 「中日1-4広島」(5日、富山市民球場)

 広島が中日に逆転勝利。連勝で貯金を今季最多「17」で、2位との差は10・5に広がった。

 試合は二回に先制を許したが、五回に2死三塁から石原が中前に同点打。七回には無死一、二塁から、鈴木、下水流の連打で3点を奪って勝ち越しに成功した。「打ったのはフォークかな。逆転につながるヒットになってよかったです」と鈴木。終盤の強さが光るチームが、今季27度目の逆転勝利を決めた。

 投げては先発の野村が6回3安打1失点。先制点を許した二回以外は、ほぼ完璧な内容で両リーグ最速の10勝目を手にした。直近は6戦6勝。七回以降はヘーゲンズ、ジャクソン、中崎と勝利の方程式で、きっちりと試合を締めた。

 野村はヒーローインタビューで「何とか勝ちを持ってこれるようにと。先に点を与えてしまったが、落ち着いて投げられた。これからも勝てるように気合を入れて頑張っていきたい」とファンの声援に応えていた。

 6日の同戦(金沢)には、黒田が200勝を懸けて先発する。投打にかみ合っての連勝で、大偉業に弾みを付ける1勝となった。

 中日は二回に先制したが、先発の大野が7回4失点と誤算だった。

最終更新:7月5日(火)21時28分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報