ここから本文です

高須克弥院長 ブログで退院報告 テレビ番組に「知りえた秘密」をぺらぺら

デイリースポーツ 7月5日(火)20時54分配信

 感染症肝嚢胞で高熱を発し、入院して手術を受けた高須クリニックの高須克弥院長(71)が5日、ブログで退院したことを報告した。

 フジテレビ「ノンストップ」のスタッフが待ち構えていたそうで、高須氏は「退院したのが嬉しくて医者として知りえた秘密をぺらぺらしゃべってしまった」とし、「僕が患者本人なんだから許されるよね」と今回は高須氏自身が患者であることを訴えた。

 高須氏は6月8日に高熱を発し、検査の結果嚢胞に炎症が見つかった。15日に緊急手術を受けて膿を抜いた。

最終更新:7月5日(火)20時59分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。