ここから本文です

鶴瓶お怒り、大竹しのぶが撮影でマジ抵抗 瑛太にはウソをつかれ…

デイリースポーツ 7月5日(火)21時11分配信

 女優・大竹しのぶ(58)、落語家・笑福亭鶴瓶(64)らが5日、大阪市内で映画「後妻業の女」(8月27日公開)の会見を行った。鶴瓶は大竹との濃密に絡むはずのベッドシーンの撮影時に、大竹にシーツの中で猛烈に抵抗され、触れられないままOKが出たことを明かし「なんでOKやねん!訴えたろか」とボヤきまくった。

 鶴瓶によると、台本には濃密に絡む記載があり、撮影前に相談した俳優・瑛太には「近頃の若手は(大竹と)みなやってますよ」とウソをつかれ、これがプレッシャーになって緊張状態で撮影に臨んだという。

 ところが撮影では、大竹がまさかのマジ抵抗。この日、怒りまくる鶴瓶の横で、大竹はニコニコしながら「自然に出ちゃいましたね、拒否が。襲いかかられそうなのをずっと手でアーッ、やめて!と必死に抵抗してました。全然、触れてないよね」と振り返った。

 しかし、大竹が本気で拒絶する声が、それなりに聞こえるためOKになったそうで、鶴瓶は「顔をガーッとされて…。もう訴えたろかと思たわ」と笑わせた。

 次に大竹とのラブシーンのオファーが来たらと聞かれると鶴瓶は「断ります!」。大竹は「次も声だけなら、受けますよ」と返していた。

最終更新:7月5日(火)21時14分

デイリースポーツ