ここから本文です

広島・緒方監督が野村-石原のバッテリー称賛 貯金今季最多「17」

デイリースポーツ 7月5日(火)22時20分配信

 「中日1-4広島」(5日、富山市民球場)

 広島が中日に逆転勝ちで連勝。貯金を今季最多「17」とし、2位DeNAとの差は最多10・5に広がった。

 緒方監督は試合後、野村-石原のバッテリーを称賛。中日・大野との投手戦を制し「今日は石原と祐輔。なんと言っても相手のエース。結果的に勝てたのは大きい」と評価した。

 試合は二回に先制を許したが、五回に2死三塁から石原が中前に同点打。七回には無死一、二塁から、鈴木、下水流の連打で3点を奪って勝ち越しに成功した。今季27度目の逆転勝利。“逆転の広島”の強さを見せ、先発・野村は両リーグ最速の10勝目を手にした。

 「(大野は)後半戦も2、3回当たる投手。今日の勝利は大きかった」と指揮官。後半戦に向けて「ナイスピッチング。左のジョンソン、右の祐輔で、どんどんフル回転してもらう」と、さらなる活躍を期待した。

 七回以降はヘーゲンズ、ジャクソン、中崎と勝利の方程式でつなぎ、守護神・中崎は17セーブ目。中継ぎも無失点リレーで勝利をつないだ。

 6日の同戦(金沢)には、黒田が200勝を懸けて先発する。試合後、決勝打の鈴木は「1試合、1試合、やることは変わらない。勝つことができれば、黒田さんに200勝を付けられる。自分の役割をしっかりやっていきたいです」と、早くも次戦に向けて気を引き締める。チーム一丸、投打がかみ合った連勝で、大偉業に弾みを付ける1勝となった。

最終更新:7月5日(火)22時25分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月28日(水)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]