ここから本文です

エレコム、電池1本で2年半持つワイヤレスマウス「ENELO」

ITmedia PC USER 7月5日(火)18時45分配信

 エレコムは7月5日、単三電池で2年半動くワイヤレスマウス「ENELO」を発売した。サイレントスイッチを採用し、静かな場所での使用に適したモデルも同時に発売される。価格は通常モデルが2851円(税込)、静音モデルが3229円(税込)となる。

【サイレントスイッチを採用した静音モデルも】

 消費電力の小さな赤外線LEDを採用することにより、単三電池1本で2年半の動作を可能とした。ボタンは左、中央、右クリックの3ボタン。レシーバーとの通信は2.4GHz帯で行い、レシーバー自身もマウス本体に収納できる。分解能は固定で1200カウントとなる。マウス本体のサイズは59.0(幅)×99.8(奥行き)×39.0(高さ)mmで、単三電池を抜いた重さが約52gだ。

 通常モデルのラインアップ色はブラック、ブルー、グリーン、レッド、ピンク、ホワイトの6色、静音モデルはブラック、ブルー、ピンクの3色を用意する。

最終更新:7月5日(火)18時45分

ITmedia PC USER

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]