ここから本文です

サッカー日本代表のリオ五輪背番号発表 OA枠選手加入で最終予選から変更

デイリースポーツ 7月5日(火)22時21分配信

 日本サッカー協会は5日、リオデジャネイロ五輪に出場する男子サッカー日本代表の背番号を発表した。

 オーバーエージ(OA)枠の選手が入ったことで、最終予選から背番号の変更があった。DF藤春広輝(G大阪)が4番を着けたことでDF岩波拓也(神戸)が17番に、DF塩谷司(広島)はDF山中亮輔(柏)の6番を、FW興梠慎三(浦和)は鹿島時代に背負った13番となった。また、最終予選で21番だったMF矢島慎也(岡山)はFW鈴木武蔵(新潟)が着けた9番となった。

最終更新:7月5日(火)22時26分

デイリースポーツ