ここから本文です

チームワークで地球を救え!おバカな4人がエイリアンに挑むSFコメディ予告編

映画ナタリー 7月5日(火)21時24分配信

SFコメディ「レーザーチーム 俺たち史上最弱のエイリアン・バスターズ!」の予告編がYouTubeにて公開。ロックバンド・Suck a Stew Dryと同作がコラボしたMVも解禁となった。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、3DCGアニメ「RWBY」で知られる米国CGプロダクション・Rooster Teeth Productionsによる初実写長編作品。4つのパーツを合わせることで力を発揮するバトルスーツを別々に装着してしまったおバカな4人がチームを組んで、最強のエイリアンに立ち向かう姿を描く。クラウドファンディングサイトIndiegogoでは、目標額の382%となる248万ドル(約3億円)を達成し、映画プロジェクトとして2015年当時最高額を記録した。

このたび公開された予告編は、墜落したUFOから4人がバトルスーツを手に入れる場面よりスタート。エイリアンはスーツを装着した人間を死ぬまで襲うと知った4人が、次第にチームとして団結し戦いに挑む様子が切り取られている。またMVでは、Suck a Stew Dryの楽曲「ヒーローになれずに」に乗って、劇中のシーンがテンポよく映し出されていく。

「レーザーチーム 俺たち史上最弱のエイリアン・バスターズ!」は、8月6日より東京・新宿シネマカリテほか全国順次公開。新宿シネマカリテで開催される「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016」では8月6日、10日、15日、17日、19日に上映される。なお、8月10日の回上映後にはSuck a Stew Dryによるトークイベントも行われる。

(c)2015 LAZER TEAM PRODUCTIONS, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

最終更新:7月5日(火)21時24分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。