ここから本文です

【MLB】イチロー、3000本安打まであと「10」 マーリンズは逆転負け

ISM 7月5日(火)16時29分配信

 マイアミ・マーリンズのイチロー外野手は現地4日、敵地で行われたニューヨーク・メッツ戦の8回に代打で登場。右中間への二塁打を放ち、1打数1安打を記録した。これにより、メジャー通算3,000本安打まであと「10」に迫っている。

 マーリンズは、メッツ先発のマット・ハービー投手を攻略し、2回に3本のタイムリーで3点を先制。4回にも1死満塁のチャンスを作ると、クリスチャン・イエリッチ外野手の2点適時打などで3点を追加し、6対0とした。

 しかし、その裏から先発のトム・コーラーら投手陣が崩れ、7回までに同点に追いつかれる。そして8回、新加入のフェルナンド・ロドニー投手が、ヨエニス・セスペデス外野手に2点タイムリーツーベースを浴び、マーリンズは6対8で逆転負けを喫した。

 マーリンズのドン・マッティングリー監督は、「我々はこれを教訓にする必要がある」と話し、「力を抜いてはいけない。得点を重ね続けなければならないし、守備を緩めてもいけない」と選手の奮起を促した。

 一方のメッツは、4回途中6失点(自責点は5)の内容だったハービーが、「登板している間は全く楽しくなかった」とコメント。しかし、「チームがやり返していくのを見るのは、楽しかったけれどね」と語った。(STATS-AP)

最終更新:7月5日(火)16時29分

ISM

スポーツナビ 野球情報