ここから本文です

遠藤憲一、Hey!Say!中島の演技で涙 つまらなかったら「引退する」

オリコン 7月5日(火)12時58分配信

 Hey!Say!JUMPの中島裕翔(22)と俳優の遠藤憲一(55)が5日、東京・後楽園ホールで行われたフジテレビ系連続ドラマ『HOPE~期待ゼロの新入社員~』(17日スタート、毎週日曜 後9:00)壮行会イベントに出席した。作品に並々ならぬ自信を見せた遠藤は「観てつまんないって人が圧倒的だったら、俳優を引退する!」と宣言して、会場を驚かせた。

【写真】高視聴率だったら…? 山本美月がマニュフェストも発表

 同ドラマは、囲碁のプロ技士の夢に敗れ、総合商社で働くことになった高卒の主人公・一ノ瀬(中島)が、サラリーマンとして上司、部下、同僚との闘いや外部、家族との闘いなど社会の壁にぶつかりながら成長していくヒューマンドラマ。韓国で大ヒットした連ドラ『ミセン-未生-』を日本の会社構造、社会背景にあわせてリメイクしている。

 イベントでは、もし共演者が俳優以外の職業についたら?という質問をフリップで回答。一ノ瀬の上司・織田を演じる遠藤は、中島について「やっぱり俳優」と紹介し「お世辞抜きで第1話を観たんですけど、中島くんの芝居にやられて何回か泣いちゃった」と告白した。

 さらに「一番難しい心の中を醸し出す空気、この役は中島くんにぴったり。間違いなく中島くんの代表作になる!」と太鼓判を押した。遠藤から繰り返される賞賛の嵐に、中島は「恐縮です」と思わず照れ笑い。ゴールデン連ドラに単独初主演となるが「僕自身もこのドラマを通して、一歩ずつ歩んでいきたい」と気持ちを新たにしていた。

 このほか、瀬戸康史(28)、山本美月(24)、桐山照史(26)、山内圭哉(44)が出席した。

最終更新:7月5日(火)13時19分

オリコン