ここから本文です

野村周平&賀来賢人、1時間で夏満喫 スイカ割り、花火に大盛り上がり

オリコン 7月5日(火)19時1分配信

 俳優の野村周平(22)、賀来賢人(27)が5日、都内で行われた映画『森山中教習所』公開記念LINE LIVE特番に出演。1時間という限られた番組内で、バーベキュー、流しそうめん、スイカ割り、今年初となった花火などを行い、夏を満喫した。

【写真】野村周平、花火で無邪気な笑顔…流しそうめん&スイカ割りの模様も

 番組には、2人のほか豊島圭介監督(44)、MCとしてお笑いコンビ・ザブングルが出演。アゴをケガしたという野村は、撮影での負傷と思いきや「一般生活のなかで歩いていて、こけました」と告白して笑わせた。

 バーベキューや、七夕にちなんだ短冊に書かれたお題を話すコーナーで盛り上がった後、スイカ割りでは大きく振りかぶった野村が豪快に空振りして「いってー!」と落ち込む場面も。そのスイカは、賀来がへっぴり腰を指摘されながらも見事に割ってみせた。

 撮影を振り返った野村は、賀来について「事務所の先輩で、怖いイメージがあったけれど、現場で本当にいい先輩だった。最初は『賀来さん』って呼んでいたけれど、今は『かっくん』って呼んでいる」と笑顔で語った。

 賀来は、自身の役柄に「『…』が異常に多いから難しくて、表情や体で表現をした」と苦労をにじませ、「観終わった後はざわざわ、不思議な気持ちにもなるし、大切な人に会いたくなる映画」とアピール。野村も「これほど自信がある映画もなかなかない」と手応えをにじませていた。

 同作は、真造圭伍氏の漫画を豊島監督が実写化。マイペースな大学生と高校中退のヤクザという対照的な同級生の、風変わりな非公認教習所でのひと夏を描く青春コメディー。9日公開。

最終更新:7月5日(火)19時21分

オリコン