ここから本文です

渡辺裕之、30年前とほぼ体重変わらず ゴミ拾いが日課

オリコン 7月5日(火)17時13分配信

 生き方が輝いている60歳以上を表彰する「ベストプラチナエイジスト」に俳優・渡辺裕之(60)が選出され5日、都内で行われた『第2回プラチナエイジ授賞式』に出席した。

【写真】渡辺裕之の全身ショット 30年前とほぼ体重は変わらず

 同賞は、夢を持って活動する、プラチナエイジ(60歳以上の世代)の夢や目標となるにふさわしい人々を表彰。今年は男性部門を渡辺、女性部門を大地真央(60)、特別賞には石倉三郎(69)が選出された。

 渡辺は、これまでもテレビ番組などで話してきた日課のゴミ拾いについて「毎朝5キロジョギングしながらやっている。“ゴミ拾い”ではなく“夢拾い”と呼んでいて、おかげさまで30年前と体重は500グラムも変わらない」と明かして驚かせ、「60代からの皆さんの励み、見本になる生き方をしていきたい」と気を引き締めた。

 石倉は「青天の霹靂とは今日のこと。規範となる生き方をしないといけないと思ったら、背筋が凍るような思い」と笑わせつつ、「身を引き締めて精進していきたい」と喜び。大地も「プラチナのように、しなやかにフレキシブルに自分をもって精進したい」と笑顔をみせていた。

 授賞式には、『第1回プラチナエイジスト』のピーター(63)が花束を持って駆けつけた。

最終更新:7月5日(火)17時14分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。