ここから本文です

プリンス、『パープル・レイン』の衣装がおよそ1,000万円で落札

BARKS 7月7日(木)11時31分配信

映画『Purple Rain』でプリンスが着ていたジャケットとシャツが、先週(7月1日)開かれたオークションで、それぞれ9万6,000ドル(約985万円)もの高値で落札した。

白黒のクロスハッチング柄にレザーの袖がついたこの上着は、プリンスが相手役のアポロニア・コテロとバイクに乗っているとき着用していたもので、撮影後、メイクアップ・アーティストへ贈られたという。プリンスが亡くなる前からオークションへ出品することが決まっており、当初6,000~8,000ドルの予想落札価格が提示されたが、プリンスが急逝したことによりどこまで値を上げるかわからないと言われていた。

シャツのほうは、3,000ドルから始まり、およそ30倍の価格で落札された。オークションではこのほか、1988~1989年の<Lovesexy>ツアーで履いていたブーツが1万7,920ドル(約184万円)、<Purple Rain>ツアーで着ていたシャツが3万2,000ドル(約330万円)、「Diamonds And Pearls」のミュージック・ビデオでつけていたネックレスが8,320ドル(約85万円)で落札したという。

Profiles In Historyの代表は、4月末にオークションの開催を告知した際、「一般的に言って、プリンスのメモラビリアというものは存在しないんです。彼はそういったもの全てをコントロールしていたようです。今回のようなことは初めてで唯一の機会になるかもしれません。残りのコスチュームは彼のクローゼットに保管されているようですから」と話していた。

Ako Suzuki

最終更新:7月7日(木)11時31分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。