ここから本文です

ケンドリック・ラマー、米独立記念日にホワイトハウスでパフォーマンス

BARKS 7月7日(木)11時33分配信

アメリカの独立記念日7月4日にホワイトハウスで開かれたBBQパーティーで、ケンドリック・ラマーとジャネール・モネイがパフォーマンスした。

◆ケンドリック・ラマー画像

毎年恒例のこのパーティーには退役軍人やその家族、友人らが招待され、BBQと花火を楽しむ。今年はあいにく天気に恵まれず、屋内でコンサートが開かれたそうだ。ラマーは「Swimming Pools」「Bitch, Don’t Kill My Vibe」「Alright」などをプレイ。モネイは自身の曲ほか、プリンスを追悼し「Let’s Go Crazy」を歌ったという。

ホワイトハウスで独立記念日のパーティーを主催するのがこれで最後となるオバマ大統領は、最後に2人を選んだ理由を「才能と人気をともなった素晴らしいアーティストだからだ」と説明し、「その上、彼らは自分たちの責任と義務をしっかり自覚している。いくつもの大切な大義のために時間と努力を費やしている」と称賛したという。

また、スピーチの終わりには「娘に恥をかかせるのは父親の仕事だから、1つ、最後の仕事をしよう」と、「国の誕生を祝うこの日、僕の長女の誕生日でもあるんだ」と明かし、長女マリアへ向かい「Happy Birthday」を歌ったという。

ホワイトハウスは、オフィシャル・サイトやYouTubeでそのときの映像を公開している。

Ako Suzuki

最終更新:7月7日(木)11時33分

BARKS