ここから本文です

小売優良株に広がるリスクオフ。ファーストリテイリング、ABCマートも急落

投信1 7月5日(火)22時10分配信

エービーシー・マート株とファーストリテイリング株が急落

2016年7月4日の良品計画 <7453> 株の急落に続き、7月5日にはエービーシー・マート <2670> が対前日比▲6.6%下落、ファーストリテイリング <9983> が同▲4.2%下落しました。ちなみに、良品計画は同▲3.3%続落しています。また、スタートトゥデイ <3092> が同▲2.5%、セリア <2782> が同▲3.2%それぞれ下落しました。

同日のTOPIXの下落率は▲0.4%ですので、一日の下げとしては大きな下げとみなせます。

参考:好決算の良品計画の株価が急落。その背景を探る

きっかけは6月の売上高発表

この株価の急落のきっかけになったのは7月4日発表された6月の国内の売上データと言われています。エービーシー・マートでは既存店売上高が前年同月比▲0.5%減、ファーストリテイリングでは同+4.5%増になっています。

しかし、この数字だけを見ると株価の急落をうまく説明しきれていない気がします。参考までに同じく発表されたユナイテッドアローズ <7606> の数値は同+2.8%増でしたが、株価は同+4%上昇しています。ファーストリテイリングの株価はむしろ上昇していないといけない気もします。

客数減を嫌気?

エービーシー・マート、ファーストリテイリングの2社に共通するのは、客数の減少です。前者は13カ月連続、後者は5カ月連続で既存店の客数が減少していますのでこれを客離れととらえるむきもあるようです。しかし、仮に客数がマイナスでも、客当たりの買いあげ単価がそれを補うのであれば決して悪い話とは言い切れません。ユナイテッドアローズでも既存店客数はマイナストレンドにあります。

ただし、ひとつだけ指摘できる点があります。それは「前年6月の既存店売上がマイナスだった割には、今年の6月は強くない」ということでしょう。エービーシー・マート、ファーストリテイリングの2015年6月の既存店売上は(今年の6月とは対象店舗が完全に一致するわけではありませんが)それぞれ同▲1%減、▲11.7%減でした。これをみると今年の6月の数字が弱めに感じられるでしょう。

1/2ページ

最終更新:7月5日(火)22時10分

投信1

チャート

良品計画7453
20330円、前日比-200円 - 9月30日 15時0分

チャート

エービーシー・マート2670
6860円、前日比-60円 - 9月30日 15時0分

チャート

ファーストリテイリング9983
32290円、前日比-190円 - 9月30日 15時0分