ここから本文です

アッバス・キアロスタミが76歳で逝去、イランを代表する映画監督

CINRA.NET 7月5日(火)10時47分配信

映画監督のアッバス・キアロスタミが7月4日に亡くなったことがわかった。

イラン国営放送によると、がんを患っていたキアロスタミは、治療のために訪れたパリで死去したという。76歳だった。

【もっと大きな画像を見る】

1940年にテヘランで生まれたキアロスタミは、1973年に長編監督デビュー。「ジグザグ道三部作」と呼ばれる1987年の『友だちのうちはどこ?』、1992年の『そして人生はつづく』、1994年『オリーブの林をぬけて』や、『カンヌ国際映画祭』パルムドールを獲得した1997年の『桜桃の味』、『ヴェネチア国際映画祭』審査員賞特別大賞に輝いた1999年の『風が吹くまま』などを発表し、イランを代表する映画監督として活躍した。

現在発表されている最新作は、日本国内で撮影され、奥野匡、高梨臨、加瀬亮らが出演した2012年の監督作『ライク・サムワン・イン・ラブ』。小津安二郎に捧げられたドキュメンタリー『5 five ~小津安二郎に捧げる~』を発表するなど、日本との関わりも深かった。

CINRA.NET

最終更新:7月5日(火)10時47分

CINRA.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。