ここから本文です

ジョニー・デップ、アンバー・ハードに捧げたタトゥーを衝撃的に変更

ELLE ONLINE 7月5日(火)20時16分配信

ジョニー・デップが最近変えたタトゥーは、右手の指に入れた「SLIM」という文字。スリムとはアンバーのニックネームで、彼女に捧げたものと見られていたそう。でも最近パパラッチにキャッチされたジョニーの指にあったのは「SCUM(クズ)」の文字! また報道によると右腕にも水着姿のアンバーのタトゥーを入れていたけれど、これは黒く塗りつぶしてしまったとか。

ジョニーは90年代にも、当時婚約していたウィノナ・ライダーへの愛の証として「Winona Forever(ウィノナよ、永遠に)」とタトゥーを入れたことが。このタトゥーは、ウィノナと破局した後「Wino Forerver(飲んだくれ、永遠に)」と変えたそう。それに比べると今回の修正はあまりにもショッキング。自分に離婚を突きつけたアンバーへの非難の表れとマスコミは報じているそう。2人の泥沼度を示しているといえるけれど、これが本当にアンバーへの嫌がらせになっているのかどうかは疑問が残るところ。何かと目に入る指に「クズ」って……嫌な気分になるのはアンバーよりもジョニー本人のような気がする。
(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:7月5日(火)20時16分

ELLE ONLINE