ここから本文です

3連敗中のホークス、武田がオリックス戦先発へ 「流れ」引き寄せる投球誓う

Full-Count 7月5日(火)7時10分配信

前回3回6失点で黒星も「切り替えるしかないので」

 ソフトバンク・武田翔太が5日のオリックス戦(京セラドーム)に先発する。前回登板の東京ドームでのロッテ戦では3回6失点という内容だったが「気持ちを切り替えるしかないので」とサバサバとした表情。この1週間はトレーニングメニューも見直したという。

ソフトバンク、過去10年のドラフト指名選手一覧

「重心が高いなと思ったので、下半身を中心に見直しました。後半戦に向けて、より重要な試合が増えてくるので、そこで自分の能力を出せるように」

 チームも3連敗中とあって、5日の試合は内容だけでなく結果も求められる登板となる。

「京セラドームの雰囲気は好きですよ。カードの頭ですし、大事な試合になるので、チームに流れを持ってこれるようなピッチングをしたいですね。とにかくチームが勝てるようにしっかりゲームを作れたらと思います」

 今季の武田は、オリックス戦で2勝0敗、防御率0.60と圧倒的な強さを誇っているだけに、チームの重い雰囲気を吹き飛ばすようなピッチングを期待したい。

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiura

最終更新:7月5日(火)7時10分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10月1日(土)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。