ここから本文です

スマーク表紙 飾るのは誰だ? 実際の投票箱で選挙 伊勢崎

上毛新聞 7月5日(火)6時0分配信

 選挙権年齢が18歳以上に引き下げられた参院選(10日投開票)を前に、群馬県伊勢崎市西小保方町のスマーク伊勢崎で4日、選挙啓発イベント「みんなの選挙学校」が始まり、同店折り込みチラシの表紙モデルを選ぶ模擬投票や選挙クイズを行っている。10日まで。

◎18歳選挙権で啓発

 模擬投票は女性モデル3人の「立候補者」から1人選んで投票する。「当選」したモデルが9月発行のチラシの表紙を飾る。記入台と投票箱は実際に使用されるのと同じもので、同市選挙管理委員会が貸し出した。

 模擬投票に参加した若者たちは「こんなふうにやるんだ」「面白い」と興味を持った様子だった。模擬投票は年齢を問わず誰でも参加できる。

最終更新:7月5日(火)6時0分

上毛新聞