ここから本文です

鉄スクラップ、関東 再び軟化気配 輸出安映し浜値後退

日刊産業新聞 7/5(火) 12:19配信

 関東地区の鉄スクラップ市況は再び軟化気配となっている。湾岸の浜値(H2)も週末にFASトン1万8000円前後まで後退。相場の下支え要因だった高値約残の消化に伴い、シッパー筋による集荷も低調に戻しつつある。湾岸メーカーには高値を修正する動きも指摘されるほか、電炉メーカーの夏季減産による需要減も見込まれる。

最終更新:7/5(火) 12:19

日刊産業新聞