ここから本文です

スバル「BRZ」を大幅改良!パワーユニットからシャシーまで全性能が進化!(画像175枚)

オートックワン 7/5(火) 11:00配信

富士重工業は、大幅改良を施したスバル「BRZ」を7月5日に発表し、8月1日より発売する。価格(消費税込)は、243万円~302万9400円。

>> 「BRZ」フォトギャラリー(175枚)

「BRZ」は、「Pure Handling Delight-新しい次元の運転する愉しさ」をコンセプトに、FRレイアウトと水平対向エンジンを組み合わせた「超低重心パッケージング」を採用した、誰もがクルマを操る愉しさと喜びを感じる事のできるスポーツカーである。

2012年12月の発表以来となる今回の大幅改良では、パワーユニットからシャシーに至るまで全性能を進化させることで、走行性能を飛躍的に向上。フェイスリフトによりスバルらしいスポーティさを強調したエクステリアやインテリアの大幅な質感向上によって、より洗練されたスポーツカーへと磨き上げた。

パワーユニットはエンジン本体と吸排気系を改良すると共に、シリンダーヘッドとブロック結合部の剛性を強化し、最高出力5kw(7ps)、最大トルク7Nm(0.7kg・m)の向上。更に、ファイナルギア比を変更したことにより、全域での加速性能を向上させた。

また、ボディ全体の剛性を強化し、足回りはコイルスプリングのバネ定数変更、ダンパー内部構造及び減衰力変更、リアスタビライザー径の変更などを行い、操舵応答性と操縦安定性、乗り心地を大幅に向上。これまで以上にしなやかで上質な乗り味を実現した。

エクステリアは、航空機のウィングチップ(翼端板)をモチーフにした新デザインのバンパーや、全ての光源にLEDを使用したヘッドランプとリアコンビランプを採用。

「BRZ」が持つスポーツカーとしての低いフォルムをより強調すると共に、フェンダーガーニッシュや17インチアルミホイール、リアスポイラーも新デザインを採用することで、全体の質感を向上させた。


インテリアは、インストルメントパネル、ニーパッド、メーターパネルバイザーにレザー調素材を新たに採用し、随所にレッドステッチを施した。また、ステアリングホイールは新デザインを採用して小径化、断面形状の最適化に加え高触感革を使う事で操作性とグリップ性を向上させた。

メーターパネルには4.2インチマルチインフォメーションディスプレイを新たに採用したほか、ヒーターコントロールパネルやドアスイッチパネルをカーボン調とすることで、走りのマインドを高める上質なインテリアを実現した。

1/2ページ

最終更新:7/5(火) 13:41

オートックワン