ここから本文です

中国鋼材市況が反発 「改革アナウンス」影響

日刊産業新聞 7月5日(火)12時20分配信

 中国の鋼材市況が前週に反発した。中国鉄鋼大手の宝鋼集団と武漢鋼鉄集団の再編検討発表や李克強首相が夏のダボス会議(天津)で鉄鋼の能力削減を強調したことが上げ材料となり、上海先物鋼材価格と河北省のビレット価格が現物市況より先に反発していた。過剰生産や全国的な大雨の影響で需給は緩んでおり、政府による「改革のアナウンス効果」が鋼材市況の上昇機運を長期に保つのは難しいようだ。

最終更新:7月5日(火)12時20分

日刊産業新聞