ここから本文です

【動画解説】離れた場所でも大雨注意 台風1号 沖縄へ近づくおそれ

ウェザーマップ 7月5日(火)12時37分配信

ウェザーマップ

 強い台風1号は今後さらに勢力を強めながら沖縄に近づくおそれがあります。最新の台風情報と注意点を解説します。

 水曜日には各地で台風の影響が出始めるでしょう。台風から流れ込む湿った空気が梅雨前線の活動を刺激するため、台風から離れた本州付近でも大雨になるおそれがあります。

 強い台風1号は、フィリピンの東を時速30キロで北上しています。今後さらに発達を続け、あす水曜日には非常に強い勢力になる見込みです。木曜日から金曜日にかけて、非常に強い勢力のまま沖縄・先島諸島に接近するおそれがあります。台風が東寄りのコースを進んだ場合、土曜日から日曜日にかけて、沖縄本島や九州に近づくおそれもあります。まだ予報円が大きく進路が定まっていないので、今後の情報に十分注意が必要です。

 台風の接近に伴い、沖縄ではあす水曜日から波が高くなるでしょう。予想される波の高さは、沖縄本島、大東島、宮古島地方で3メートル、石垣島地方で2.5メートルです。うねりを伴った高波に注意・警戒が必要です。

 台風からの湿った空気や梅雨前線の影響で、水曜日から木曜日にかけて東北や北陸では局地的に非常に激しい雨が降り、大雨になるおそれがあります。
金曜日以降は台風の進路次第で西日本を中心に予報が変わりやすくなりそうです。最新の天気予報や台風情報に注意が必要です。(気象予報士・尾崎朋美)

最終更新:7月5日(火)12時37分

ウェザーマップ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。