ここから本文です

カンドレーヴァやボヌッチより優先 コンテがチェルシーに獲得を求めた伊代表選手は

theWORLD(ザ・ワールド) 7月5日(火)9時20分配信

早急にオファーを出すよう求める

イタリア代表をEURO2016ベスト8まで導いたアントニオ・コンテは、新シーズンから指揮を執るチェルシーに代表チームから数選手を引き抜くのではないかと言われてきた。これまで候補に挙がってきたのはウイングで活躍したアントニオ・カンドレーヴァ、ユヴェントスでもコンテと仕事をしたセンターバックのレオナルド・ボヌッチ、今大会で重要な役割を担ったエマヌエレ・ジャッケリーニの3名だ。

しかし伊『Sky Sports Italia』は、コンテがチェルシーに獲得を命じたのは上記3名ではなくサウサンプトン所属FWグラツィアーノ・ペッレだと伝えた。ペッレは194cmの体格を活かして前線で体を張り続け、ロングボールを収めるターゲットマンとしてチームに大きく貢献。ベルギー戦とスペイン戦では強烈なボレーシュートも沈めており、ペッレがいなければイタリアのベスト8進出はなかっただろう。

コンテはチェルシーに対して早急にペッレにオファーを出すことを要求しているようで、今大会の活躍でさらにペッレのことが気に入ったようだ。ただし、ペッレには今季までサウサンプトンで指揮を執っていたロナルド・クーマンが就任したエヴァートンも興味を示している。ペッレはクーマンの下でも重要な存在となっていたため、狙われるのは必然と言えるだろう。果たしてEUROで世界トップレベルのセンターバックを悩ませ続けたペッレを射止めるのはどちらのクラブなのか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月5日(火)9時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。