ここから本文です

渡辺美優紀、山本彩が作曲したデュエット曲「今ならば」は「最高のプレゼント」

トレンドニュース(GYAO) 7/5(火) 16:17配信

NMB48・山本彩が、グループを卒業する渡辺美優紀に寄せて作曲したデュエット曲「今ならば」への思いを明かした。同楽曲は7月4日に神戸・ワールド記念ホールで開催された渡辺の卒業コンサートで初披露された。渡辺は「最高のプレゼント」とコメントしている。

“さやみるきー”コンビとして山本と一緒にNMB48のエースを務めてきた渡辺だが、7月3日・4日に卒業コンサートが行われた。2日目のアンコールでは、さやみるきー初のデュエット曲「今ならば」が初披露された。作詞は秋元康氏が担当し、作曲は山本が自ら手がけた。

山本は7月5日にTwitterで、「会場がピンク色に染まりとても温かい空気に包み込まれて胸がいっぱいでした。あの時間、あの景色 皆さんの胸にも一生刻まれていて欲しい」と渡辺の卒業コンサートの感想をつづった。また「今ならば」について、「純粋に作りたいという気持ちをちゃんと形に出来て良かったしみるきーが喜んでくれて嬉しかった」と思いを明かした。

また渡辺もTwitterで、「最高のプレゼントです。言葉がなくても想いが伝わってきて何度も聴いて泣いてしまいました。『今ならば』は私の宝物です」とつづっている。

なお大阪・NMB48劇場で開催する渡辺の卒業公演の日程は未定。

(文/原田美紗@HEW)

最終更新:7/5(火) 16:17

トレンドニュース(GYAO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]