ここから本文です

綾野剛、プロ声優との差を実感「凄みを体感しました」【動画付き】

オリコン 7月5日(火)20時30分配信

(C)ORICON NewS inc.

 俳優の綾野剛が5日、都内で行われたフルCG長編映画『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』(9日公開)のオープニングイベントに出席。今作で声優に初挑戦した綾野は、作品への愛や思いを語るなかで「ファイナルファンタジーのファンの一人として、この作品に携わることに恐怖や不安はありました」と本音を漏らした。

 アフレコ時について「プロの声優さんのすごみを今回体感しました。圧倒的に差があることを認めながら携わったつもり」と振り返り、「そのなかで、ファイナルファンタジーの世界観をどう体現していくのかを色々なスタッフさんや声優さんから声を受けて、その背中を追っかけて、走っていた状態」と完成までを回顧した。

 公開を目前に控え、「僕たち役者にできるのはなんだろうと考えた。初めて触れる人や過去にやっていたけど、今は離れてしまっている方々にこういった作品があるんだと、あの時の波をもう一回、しっかり持ち上げていきたいという思いはある」と言葉に力を込め、作品の成功を願った。

 イベントにはそのほか、女優の忽那汐里も出席。自身も今作で初めて同シリーズに触れたとあって「今までゲームをされてこなかった方も楽しめる。一人でも多くの方に観ていただけたら」と呼びかけた。

 同作は、スクウェア・エニックスの人気RPG「FINAL FANTASY」シリーズ最新作『FINAL FANTASY XV』と同じ世界、時間、キャラクターが登場。ゲーム本編は、ルシス王国の王子ノクティス視点で進行するが、『KINGSGLAIVE ~』はノクティスの父である国王レギスの視点で進行し、レギスとノクティス、父と子の絆がそれぞれ描かれる。

(C)ORICON NewS inc.

最終更新:7月5日(火)20時30分

オリコン