ここから本文です

錦織「悔しいです、情けない」 全英無念の2年連続棄権<男子テニス>

tennis365.net 7月5日(火)2時9分配信

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は4日、男子シングルス4回戦が行われ、第2セットの第6ゲームを終えた時点で途中棄権した第5シードの錦織圭(日本)は、試合後の会見で「悔しいです、2年連続リタイアするのは情けない思いもあります」と胸の内を明かした。

錦織「キレそうだった(笑)」

昨年は、前哨戦のゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハーレ、芝、ATP500)で左ふくらはぎを負傷。ウィンブルドン1回戦は激闘の末に勝利するも、2回戦を前に棄権。 今年も前哨戦で左脇腹に怪我を負い、その痛みと戦いながら2年ぶりの16強進出を果たした。

この日は第9シードのM・チリッチ(クロアチア)と対戦したが1-6, 1-5の時点で左脇腹の痛みに耐えられず棄権し、44分で力尽きた。

戦う前に棄権する選択肢もあった中で、第2セットの第6ゲームまで続けたことについては「(筋肉が)切れるくらいまでやろうかと思っていた」と話し「よく考えたら、あれで勝てるわけがなかった」とチリッチとの対戦成績を7勝4敗とした。

続けて「今大会は怪我の痛みと人生で一番戦った。出し尽くしたというか、頑張った感があった」とコメントし「テニス自体は満足してます。少し芝が好きになった」と来年のウィンブルドンに向けて収穫があったことを実感していた。

もしチリッチに勝利していた場合、日本男子では1995年の松岡修造(日本)以来21年ぶりの8強入りだったが、その快挙は来年へ持ち越しとなった。

今後は7月25日からのロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)に出場する予定。

一方、チリッチは準々決勝で第3シードのR・フェデラー(スイス)と対戦する。


【錦織圭 過去のウィンブルドン】

<2016年>
・4回戦 敗退 M・チリッチ 1-6, 1-5 途中棄権
・3回戦 勝利 A・クズネツォフ(ロシア) 7-5, 6-3, 7-5
・2回戦 勝利 J・ベネトー(フランス) 4-6, 6-4, 6-4, 6-2
・1回戦 勝利 S・グロス(オーストラリア) 6-4, 6-3, 7-5

<2015年>
・2回戦 敗退 S・ヒラルド(コロンビア) 棄権
・1回戦 勝利 S・ボレッリ(イタリア) 6-3, 6-7 (4-7), 6-2, 3-6, 6-3

<2014年>
・4回戦 敗退 M・ラオニチ(カナダ) 6-4, 1-6, 6-7 (4-7), 3-6
・3回戦 勝利 S・ボレッリ 3-6, 6-3, 4-6, 7-6 (7-4), 6-4
・2回戦 勝利 D・クドラ(アメリカ) 6-3, 6-2, 6-1
・1回戦 勝利 K・ド=シェッパー(フランス) 6-4, 7-6 (7-5), 7-5

<2013年>
・3回戦 敗退 A・セッピ(イタリア) 6-3, 2-6, 7-6 (7-4), 1-6, 4-6
・2回戦 勝利 L・マイェール(アルゼンチン) 7-6 (7-5), 6-4, 6-2
・1回戦 勝利 M・エブデン(オーストラリア) 6-2, 6-4, 6-3

<2012年>
・3回戦 敗退 J・M・デル=ポトロ(アルゼンチン) 3-6, 6-7 (3-7), 1-6
・2回戦 勝利 F・セラ(フランス) 6-3, 7-5, 6-2
・1回戦 勝利 M・ククシュキン(カザフスタン) 7-5, 6-3, 6-4

<2011年>
・1回戦 敗退 L・ヒューイット(オーストラリア) 1-6, 6-7 (4-7), 7-6 (9-7), 3-6

<2010年>
・1回戦 敗退 R・ナダル(スペイン) 2-6, 4-6, 4-6

<2008年>
・1回戦 敗退 M・ジケル(フランス) 6-4, 5-7, 途中棄権

tennis365.net

最終更新:7月5日(火)7時31分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]