ここから本文です

浅井産業、碧南の切断加工繁忙 トヨタ向け受注増 用地拡張を検討

日刊産業新聞 7/5(火) 12:33配信

 浅井産業(本社=東京都港区、増井平社長)は、グループ会社で構造用鋼の精密切断加工を手掛ける碧南プロセッシングセンター(HPC)の事業が拡大しているため用地の拡張を検討している。現在約20台の切断機を擁するが、トヨタ自動車向けの受注が増えており倉庫能力の拡大が課題。立体在庫ラックを新設したが、コイル品も置いているため、手狭となりつつある。

最終更新:7/5(火) 12:33

日刊産業新聞

なぜ今? 首相主導の働き方改革