ここから本文です

土居美咲 複で逆転負け、GS初の3回戦進出ならず<女子テニス>

tennis365.net 7月5日(火)2時59分配信

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は4日、女子ダブルス2回戦が行われ、土居美咲(日本)/ E・スイトリナ(ウクライナ)組はD・ガブリロワ(オーストラリア)/ D・カサキナ(ロシア)組に6-3, 3-6, 1-6の逆転で敗れ、ダブルスで四大大会初の3回戦進出とはならなかった。

土居vsケルバー 試合詳細

この試合、第1セットを先取した土居/ スイトリナ組だったが、第2セットでガブリロワ/ カサキナ組に3度のブレークを許して落とすと流れが傾き、第3セットでは1度もブレークチャンスを掴めずに1時間23分で敗れた。

1回戦ではP・エルコグ(スロベニア)/ M・ルチッチ=バーロニ(クロアチア)組をストレートで下し、ウィンブルドンのダブルスで初の2回戦進出を果たしていた。今年の全仏オープンでは、大坂なおみ(日本)とペアで2回戦へ進出した。

また、土居は今大会のシングルス3回戦でAL・フリードサム(ドイツ)をストレートで下し、四大大会初のベスト16進出と同時に、日本女子では2006年の杉山愛(日本)以来10年ぶりの16強入りを果たしていたが、4回戦で今年の全豪オープン覇者である第4シードのA・ケルバー(ドイツ)に完敗で初のべスト8進出とはならなかった。

tennis365.net

最終更新:7月5日(火)2時59分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]