ここから本文です

ルイ・トムリンソンが息子のために声明を発表

ELLE ONLINE 7月5日(火)21時17分配信

長男フレディー君の共同親権を求めているルイ・トムリンソンが、代理人を通じてマスコミに声明を発表。「息子にプライバシーがある、安全で普通の子ども時代を与えたい」と、「パパラッチたちの息子に対する注目は、安全を守る上で問題になるレベル。耐えられるものではないし、正当化できない」と批判。「ルイはマスコミとの関係を大切にしているし尊重している。マスコミもルイと息子を同じように尊重してくれることを望んでいる」と求めた。

報道によると、ルイはフレディー君の母ブリアナ・ヤングワースが息子の写真をSNSにアップするのにも反対しているとか。共同親権を求めてブリアナ側と交渉する中で、「息子の写真をSNSにアップするときには、事前にルイの承認を取ること」という条件を出しているという報道も! 一方、ブリアナもツイッターでマスコミやファンに抗議。

「私と息子のフレディーに対して憎しみに満ちたコメントをしなくてはいけないと思っている人へ。あなたが、私たちの生活に注目することに自分の生活を費やしていることを気の毒に思う」「私は子どもを自慢に思っている新米の母親。子どものことを日々、SNSを通して友達や家族とシェアするのに喜びを感じてい る」「でもそれは誰かに、私の名誉を傷つける権利を与えているということではない。だから、私のプライベートや個人的なことを詮索して物語をでっち上げる のはやめて」と訴えた。

また、これまで公開していたインスタグラムのアカウントも鍵付きの設定に変更。実は、ルイとブリアナの親権バトルを巡って「ブリアナはルイの新恋人のダニ エル・キャンベルに嫉妬している。それが親権を与えない理由だとルイは思っている」という噂も浮上。どうやらこの噂にもブリアナは怒っているよう。さらに 「ブリアナは、ルイと過ごした後のフレディーにダニエルの香水の匂いが付いているのを不満に思っている」「ブリアナは、ルイがナニーを雇う場合、それは本当の子育てではないから親権は拒否する」という報道も流れているそう。真偽はわからないけれど、本当なら親権バトルは長引きそう。
(text : Yoko Nagasaka)

from ELLEgirl

最終更新:7月5日(火)21時17分

ELLE ONLINE