ここから本文です

綿貫陽介 ストレート勝ちで初戦突破、全英ジュニア<男子テニス>

tennis365.net 7月5日(火)3時50分配信

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は4日、ジュニアの男子シングルス1回戦が行われ、第6シードの綿貫陽介(フリー)がE・ベンシェトリ(フランス)を7-5, 6-4のストレートで破り、初戦突破を果たした。

綿貫陽介、錦織「本当に凄い」

この試合、綿貫はベンシェトリの強烈なサービスとストロークに苦戦するも、7度のブレークチャンスから3度のブレークに成功し、1時間19分で勝利した。

試合後、綿貫は観客席へ向かい、笑顔でサインするファンサービスに応じていた。

2回戦ではL・カザコフ(ロシア)と対戦する。

今年、18歳の綿貫は世界ジュニア・ランキングで2位を記録、さらに下部大会の筑波大学MEIKEIオープンとかしわ国際オープンテニストーナメントで2週連続優勝の活躍を見せている。

同日の1回戦では堀江亨(岐阜県/ 関スポーツ塾・T)も登場したが、初戦で敗れた。前日には清水悠太(滋賀県/ パブリックテニスイングランド)も2回戦進出とはならなかった。

ダブルスには綿貫/ L・クライン(スロバキア)組、堀江/ 清水組で出場する。

tennis365.net

最終更新:7月5日(火)4時13分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。