ここから本文です

ベルディヒとベセリの4回戦は最終セットで日没順延 [ウィンブルドン]

THE TENNIS DAILY 7月5日(火)9時0分配信

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦6月27日~7月10日/グラスコート)の男子シングルス4回戦で、第10シードのトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)とイリ・ベセリ(チェコ)が対戦。ベルディヒから4-6 6-3 7-6(8) 6-7(9)の時点で日没順延となった。ここまでの試合時間は3時間22分。

ベルディヒとベセリが勝ち上がり、4回戦はチェコ対決に [ウィンブルドン]

 ウィンブルドンには2004年から13年連続出場となるベルディヒ。2010年にはグランドスラム自己最高の決勝進出を果たしている。昨年は4回戦で、ジル・シモン(フランス)に3-6 3-6 2-6で敗れていた。

 22歳のベセリは3年連続のウィンブルドン出場。2回戦で第8シードのドミニク・ティーム(オーストリア)を7-6(4) 7-6(5) 7-6(3)で破るなどして勝ち上がり、グランドスラムでは初の4回戦を戦っている。

 この試合の勝者は準々決勝で、第32シードのルカ・プイユ(フランス)と対戦する。プイユは4回戦で、第18シードのバーナード・トミック(オーストラリア)を6-4 4-6 3-6 6-4 10-8で下しての勝ち上がり。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

     ◇   ◇   ◇

【男子シングルス4回戦】

67イリ・ベセリ(チェコ)6-4 3-6 6-7(8) 7-6(9) 順延 80トマーシュ・ベルディヒ(チェコ)[10]

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:LONDON, ENGLAND - JULY 04: Tomas Berdych of The Czech republic plays a forehand during the Men's Singles fourth round match against Jiri Vesely of Czech Republic on day seven of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 4, 2016 in London, England. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

最終更新:7月5日(火)9時0分

THE TENNIS DAILY