ここから本文です

ガスケ 怪我により4回戦途中棄権、同胞ツォンガ8強へ<男子テニス>

tennis365.net 7月5日(火)4時29分配信

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は4日、男子シングルス4回戦が行われ、第7シードのR・ガスケ(フランス)は第12シードのJW・ツォンガ(フランス)との同胞対決に挑むも、第1セットのゲームカウント2-4とリードを許した場面で怪我により棄権を申し入れた。試合時間はわずか24分。

ウィンブルドン対戦表

この試合、第1セットの第6ゲームでツォンガにブレークを許し、続く第7ゲームの0-40となった際、ガスケは試合続行が不可能と判断し、苦痛の表情を浮かべながら棄権を申し入れた。

コートを去る際には腰の部分を押さえ、同じフランス出身のツォンガに荷物を持ってもらい静かに去っていった。

今シーズン、ガスケは腰の怪我で1月の全豪オープンを欠場。復帰戦の南フランス・オープンで優勝を飾ったが、4月のバルセロナ・オープン・バンコ・サバデルは肋骨の負傷により初戦を前に棄権していた。

その後、5月の全仏オープンではクレーで2連敗していた錦織圭(日本)を4回戦で撃破し、地元フランスで大会初のベスト8進出を果たす。しかし、前哨戦のAEGON選手権では初戦敗退を喫していた。

一方、思わぬ形で準々決勝へ駒を進めたツォンガは、ベスト4進出をかけて第2シードのA・マレー(英国)と対戦する。

tennis365.net

最終更新:7月5日(火)4時29分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。