ここから本文です

ベスニナがロシア対決を制してグランドスラム初の8強 [ウィンブルドン]

THE TENNIS DAILY 7月5日(火)10時30分配信

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦6月27日~7月10日/グラスコート)の女子シングルス4回戦で、エレナ・ベスニナ(ロシア)がエカテリーナ・マカロワ(ロシア)を5-7 6-1 9-7で破り、初のグランドスラム8強入りを果たした。試合時間は2時間47分。

土居美咲は全豪での雪辱ならず、ケルバーが2年ぶりの準々決勝進出 [ウィンブルドン]

 ベスニナとマカロワはダブルスでペアを組んでおり、グランドスラムでは2013年の全仏オープンと14年の全米オープンで優勝。ウィンブルドンでは昨年の大会で決勝進出を果たし、マルチナ・ヒンギス(スイス)/サーニャ・ミルザ(インド)に7-5 6-7(4) 5-7で敗れていた。

 両者のシングルスでの直接対決はこれが8度目で、ベスニナは2004年の初対戦で勝って以来の勝利を挙げた。

 ベスニナは準々決勝で、第19シードのドミニカ・チブルコバ(スロバキア)と対戦する。チブルコバは4回戦で、第3シードのアグネツカ・ラドバンスカ(ポーランド)を6-3 5-7 9-7で下しての勝ち上がり。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:LONDON, ENGLAND - JULY 04: Elena Vesnina of Russia celebrates victory during the Ladies Singles fourth round match against Ekaterina Makarova of Russia on day seven of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 4, 2016 in London, England. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

最終更新:7月5日(火)10時30分

THE TENNIS DAILY