ここから本文です

錦織 棄権も44分戦う、全英の芝に手応え「好きになってきた」<男子テニス>

tennis365.net 7月5日(火)5時24分配信

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は4日、男子シングルス4回戦が行われ、第5シードの錦織圭(日本)は第9シードのM・チリッチ(クロアチア)と対戦したが、左脇腹の痛みが限界に達し、44分で無念の棄権を申し入れた。大会初の8強入りを逃すも、芝については「少し好きになってきました」と手応えを感じていた。

錦織vsチリッチ 1ゲーム詳細

前哨戦のゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハレ、芝、ATP500)で負傷した左脇腹は今大会を通して痛み続け、4回戦の時にはピークを迎える。

第1セットから思うように動けず、わずか16分でこのセットを落とす。その後も状況は変わらず、第2セットは28分間コートに立つのが、やっとだった。

「グランドスラムでなければ1回戦から出ていなかった」と話すように自分の限界まで戦った。

ウィンブルドンで2年連続棄権という苦渋の決断をした錦織は、今大会を「テニス自体には満足しています」と振り返った。

日本男子で1995年の松岡修造(日本)以来21年ぶりの8強入りは、来年以降へ持ち越しとなったが「サーブとストロークがちゃんと出来ていればチャンスはあったと思う」と次のウィンブルドンへ向け好感触だった。


【錦織圭 過去のウィンブルドン】

<2016年>
・4回戦 敗退 M・チリッチ 1-6, 1-5 途中棄権
・3回戦 勝利 A・クズネツォフ(ロシア) 7-5, 6-3, 7-5
・2回戦 勝利 J・ベネトー(フランス) 4-6, 6-4, 6-4, 6-2
・1回戦 勝利 S・グロス(オーストラリア) 6-4, 6-3, 7-5

<2015年>
・2回戦 敗退 S・ヒラルド(コロンビア) 棄権
・1回戦 勝利 S・ボレッリ(イタリア) 6-3, 6-7 (4-7), 6-2, 3-6, 6-3

<2014年>
・4回戦 敗退 M・ラオニチ(カナダ) 6-4, 1-6, 6-7 (4-7), 3-6
・3回戦 勝利 S・ボレッリ 3-6, 6-3, 4-6, 7-6 (7-4), 6-4
・2回戦 勝利 D・クドラ(アメリカ) 6-3, 6-2, 6-1
・1回戦 勝利 K・ド=シェッパー(フランス) 6-4, 7-6 (7-5), 7-5

<2013年>
・3回戦 敗退 A・セッピ(イタリア) 6-3, 2-6, 7-6 (7-4), 1-6, 4-6
・2回戦 勝利 L・マイェール(アルゼンチン) 7-6 (7-5), 6-4, 6-2
・1回戦 勝利 M・エブデン(オーストラリア) 6-2, 6-4, 6-3

<2012年>
・3回戦 敗退 J・M・デル=ポトロ(アルゼンチン) 3-6, 6-7 (3-7), 1-6
・2回戦 勝利 F・セラ(フランス) 6-3, 7-5, 6-2
・1回戦 勝利 M・ククシュキン(カザフスタン) 7-5, 6-3, 6-4

<2011年>
・1回戦 敗退 L・ヒューイット(オーストラリア) 1-6, 6-7 (4-7), 7-6 (9-7), 3-6

<2010年>
・1回戦 敗退 R・ナダル(スペイン) 2-6, 4-6, 4-6

<2008年>
・1回戦 敗退 M・ジケル(フランス) 6-4, 5-7, 途中棄権

tennis365.net

最終更新:7月5日(火)5時24分

tennis365.net