ここから本文です

「カッコよすぎ」“胸キュンスカッと”のイケメン・高杉真宙にネットが騒然。胸キュンソングも「最高」「あかん」

E-TALENTBANK 7/5(火) 18:34配信

4日放送のフジテレビ系「痛快TV スカッとジャパン」に出演した高杉真宙(たかすぎまひろ)が「イケメンすぎる」と話題になっている。

高杉は同日の4日に誕生日を迎えたばかりの20歳で、2013年に出演したテレビ朝日系「仮面ライダー鎧武/ガイム」で知られるようになった。この作品では、演技力が要求される二面性のある役どころを見事演じきり、高い評価を受けた。その後もフジテレビ系「ゴーストライター」、TBS系「表参道高校合唱部!」、テレビ朝日系「スミカスミレ 45歳若返った女」などの話題作に多数出演しており、期待の若手俳優といえる存在だ。

今回高杉は番組の人気コーナー「胸キュンスカッと」に、高校剣道部の先輩役として出演し、初心者の後輩に稽古をつける役どころを演じた。この演技にTwitterでも「高杉くんかっこよすぎじゃないか?」「ほんと高杉真宙イケメン」「高杉真宙くんのフォロワー一気に1000人以上増えてるwww」と、従来のファンだけでなく新規ファンをがっちりと引き寄せたようだ。

この日の番組にはナオト・インティライミがゲスト出演。「胸キュンスカッと」にインスパイアを受け、勝手に書き下ろしたという楽曲「Overflows~言葉にできなくて~」は大反響で本当にコーナーのテーマソングになり、6日にはCDリリースということで、スタジオで生演奏をしていた。ちなみにこの曲のPVには高杉が出演しているため、「ナオトの曲も最高」「胸キュンの曲好き!ナオトの」「高杉真宙で胸キュンしまくった後ナオトのこの歌はあかん」と、ナオトと高杉に関連するツイートが数多く投稿されていた。

最終更新:7/5(火) 18:34

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]