ここから本文です

四国IL選抜がキューバ代表に2点差敗北 監督&選手が得た課題と手応え

Full-Count 7/5(火) 14:32配信

キューバ相手に終盤追い上げも…指揮官「もったいない失点」

 現地時間7月2日17時(日本時間7月3日7時)からカナダ・ケベック州トロワリヴェールのスタッド・フェルナンド・ベタールで歴史的プレーボールを迎えた「四国アイランドリーグplus ALL STARS」-キューバ代表の戦い。表を取ったキューバ代表は「四国アイランドリーグplus ALL TARS」先発の福永春吾(徳島インディゴソックス)に対し「パワー野球」の固定概念を打ち砕く「逆・KABUKI SPIRITS!」で崩しにきた。

独立リーグからの指名選手も…過去10年の各球団ドラフト指名選手一覧

 1回表、先発の福永が先頭のJ.Martinezに四球を与え、さらに暴投で二塁進塁を許すと、2番の遊ゴロでJ.Martinezは判断よく三塁へ。その後、3番打者の中犠飛で、キューバ代表が無安打で先制した。さらに2回には先頭の5番・Y.Santoyaがチーム初安打となる二塁打を放った後、6番のJ.Delgadoは平凡な三塁ゴロにもかかわらず猛然と一塁へ全力疾走。これが失策を引き出し、7番のG.Aulioも安打を放った後の一死満塁から9番・R,Gonzalezの適時打で2点目。0-2。カブキJAPANは“かかと体重”のままキューバ代表に主導権を奪われてしまった。

 相手に平常心を失わせると、今度はどっしり構えて本来のパワーゲームに持ち込むキューバ代表。3回表には正田樹(愛媛マンダリンパイレーツ)がマウンドに上がり、そこから4番・Y.Alarconがソロ本塁打を放ち、リードを3点に広げると、先発のV.Banosもしり上がりに調子を上げ6回3安打無失点。奪三振2、四球1の丁寧さもまた「逆・KABUKI SPIRITS!」といえよう。

 しかしそんなキューバ代表相手に6回表、果敢にパワーピッチを挑む男が現れた。愛媛マンダリンパイレーツの剛腕・佐藤宏樹。三者連続三振という気迫のピッチングが、本家「カブキJAPAN」に火をつける。7回表にも嘉数勇人(高知ファイティングドッグス)から3番・L.Robertにソロ本塁打を浴びて0-4とされ、完敗ムードが漂い始めた8回裏、7回裏からマウンドに立っていた左腕・Y.Y.Monntaluaに対し「KABUKI SPIRITS!」がついに爆発した。

1/2ページ

最終更新:7/5(火) 14:36

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]