ここから本文です

チブルコバがもしも勝ち続けたら結婚式は延期? [ウィンブルドン]

THE TENNIS DAILY 7月5日(火)16時0分配信

 イギリス・ロンドンで開催されている「ウィンブルドン」(6月27日~7月10日)の女子シングルス4回戦。

チブルコバがラドバンスカとの接戦を制して5年ぶりのベスト8進出 [ウィンブルドン]

 第19シードのドミニカ・チブルコバ(スロバキア)は今週末に結婚する予定だ。しかし、このまま試合に勝ち続けて決勝まで進んだら、結婚式を延期しなければならないことになる。

「もし準々決勝に勝ったら、日取りを変えることにするわ。延期することになると思う。だってさもないと、すごく急いでバタバタすることになるから」と27歳のチブルコバは言った。「でも、まだまだ先のことよ。私はしっかり休んで、準々決勝はいいプレーをしたい」。

 チブルコバは第3シードのアグネツカ・ラドバンスカ(ポーランド)に対してマッチポイントをしのぎ、6-3 5-7 9-7で倒して準々決勝に進んだ。この試合は月曜日に行われたが、翌日の火曜日にチブルコバはエレナ・ベスニナ(ロシア)との準々決勝を戦うことになる。

 チブルコバは以前にも一度、2011年にウィンブルドンで準々決勝に進出した。しかし、グランドスラムでの彼女の最高成績は、リ―・ナ(中国)に敗れた2014年全豪オープンの決勝がある。

 自身をグラスコートプレーヤーだと考えていないというチブルコバは、今年のウィンブルドン決勝とミソ・ナバラとの結婚がバッティングするとは予想していなかったと言うのだ。

「もしも本当に延期しなければならなくなったら、それは夢が叶ったようなものよね。だって私のテニスのキャリアで、それ以上よいことは起こり得ないから」とチブルコバ。

「結婚式を1週間後に延期したって問題はないわ。きっといっそう楽しいものになるでしょうね」。

 彼女はウィンブルドンの前哨戦、グラスコートのイーストボーンで優勝している。前哨戦に勝って、そのあと続けてウィンブルドンでタイトルを獲ったのは、2004年のマリア・シャラポワ(ロシア)だ。

 グラスコート上でのよいプレーにも関わらず、結婚式をウィンブルドン期間中の週末に決めたのは、チブルコバが7月9日という、ナンバー「9」が好きだからだというのだ。

「マリオン・バルトリも招待したのよ」と、チブルコバは2013年ウィンブルドン・チャンピオンについて言った。「でも彼女は決勝の解説者を務めるから、もし彼女が私の試合について解説することになったら、それは悪くないことだと思うわ。そうすれば、彼女は翌週の式にはこられるから」。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: LONDON, ENGLAND - JULY 04: Dominika Cibulkova of Slovakia reacts on her way to victory during the Ladies Singles fourth round match against Agnieszka Radawanska of Poland on day seven of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 4, 2016 in London, England. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

最終更新:7月5日(火)16時0分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]