ここから本文です

清武と共に最強のセビージャへ サンパオリ新監督「世界中からリスペクトされるようなクラブに」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月5日(火)15時30分配信

レアル&バルサに続く勢力へ

リーガエスパニョーラのセビージャを新たに率いることになるホルヘ・サンパオリ監督が4日、就任会見に臨み、その意気込みを語っている。

前人未到のヨーロッパリーグ3連覇という偉業を成し遂げたウナイ・エメリはもういない。パリへと旅立った前任者の座を引き継いだサンパオリに寄せられるプレッシャーはあまりにも大きく、昨年のコパ・アメリカでチリを優勝へと導いた名将ですら決して容易にはいかないはずだ。ドイツのハノーファーから日本代表MF清武弘嗣という新たな駒を手にした56歳のアルゼンチン人監督が、セビージャでの挑戦について言及している。同クラブ公式サイトが伝えた。

「多くを求められるハードなクラブにやってきたことは理解しているし、素晴らしい実績を残し続ける義務があることももちろん分かっているよ。私としてはセビージャが世界中からリスペクトされるようなクラブとして君臨することを願う。どんな対戦相手にも恐れを感じず、どのスタジアムでも競争力を保つことが我々の共通の哲学だ。大きな自信と共に戦うことさえできれば、我々がやりたいことを体現することが可能だろう。このクラブには大きな発展をするだけの歴史的背景があるからね」

サンパオリが作り上げる新たなセビージャにおいて、清武の居場所はあるだろうか。来季のリーガから目が離せない。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:7月5日(火)15時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。