ここから本文です

日ハム・レアードが9試合ぶり一発 23号先制2ランで西武メヒアに1差

Full-Count 7/5(火) 19:14配信

寿司パフォーマンスも炸裂、「久々のホームランだったね」

 日本ハムのブランドン・レアード内野手が5日の楽天戦(山形)で先制の23号2ランを放ち、リーグトップの西武・メヒアに1本差に迫った。

 2回1死一塁。左腕・塩見のフォークをバットに乗せて左中間席へ運んだ。20日のDeNA戦(横浜)以来9試合ぶりの一発。楽天戦は対戦カード別では最多の8本目のアーチだ。レアードは「感触は最高。久々のホームランだったね。みんなが『やっと出たな』と思ってるんじゃないの(笑)」とコメントした。

 一塁ベンチ前では寿司を握るパフォーマンスを炸裂させた。4日に監督推薦で初のオールスターに出場することが決まり、「エキサイトしている。“すしポーズ”もようやく全国区になるね(笑)」と喜んでいたが、すでにお馴染みのパフォーマンスとなりつつある。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/5(火) 19:14

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。