ここから本文です

日ハム・レアードが9試合ぶり一発 23号先制2ランで西武メヒアに1差

Full-Count 7月5日(火)19時14分配信

寿司パフォーマンスも炸裂、「久々のホームランだったね」

 日本ハムのブランドン・レアード内野手が5日の楽天戦(山形)で先制の23号2ランを放ち、リーグトップの西武・メヒアに1本差に迫った。

 2回1死一塁。左腕・塩見のフォークをバットに乗せて左中間席へ運んだ。20日のDeNA戦(横浜)以来9試合ぶりの一発。楽天戦は対戦カード別では最多の8本目のアーチだ。レアードは「感触は最高。久々のホームランだったね。みんなが『やっと出たな』と思ってるんじゃないの(笑)」とコメントした。

 一塁ベンチ前では寿司を握るパフォーマンスを炸裂させた。4日に監督推薦で初のオールスターに出場することが決まり、「エキサイトしている。“すしポーズ”もようやく全国区になるね(笑)」と喜んでいたが、すでにお馴染みのパフォーマンスとなりつつある。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月5日(火)19時14分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]