ここから本文です

広島鈴木が勝ち越し打 下水流も続きブレーク中の2人で3点リードに

Full-Count 7/5(火) 20:04配信

下水流は左中間2点二塁打

 広島の鈴木誠也外野手が5日の中日戦(富山)で勝ち越しタイムリーを放った。

「6番・右翼」でスタメン。同点の7回無死一、二塁。大野のシュートを左前へライナーで打ち返した。二塁走者・ルナが生還する勝ち越し適時打となった。

 続く無死一、二塁では下水流昴が大野から左中間2点二塁打。ブレーク中の6、7番のバットで3点を勝ち越した。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/5(火) 20:07

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]