ここから本文です

巨人が連敗ストップで3位浮上 内海が自身4連勝&クリーンアップで全打点

Full-Count 7月5日(火)21時0分配信

内海は7回途中1失点の好投で4勝目

 巨人は5日の阪神戦(東京ドーム)で3-2で逃げ切り勝ち。連敗を3でストップし、4位から3位に浮上した。

 5回までメッセンジャーに10三振を奪われたが、6回に坂本勇人、長野久義、阿部慎之助のクリーンアップが奮起した。坂本が1死一、二塁からメッセンジャーを強襲する適時内野安打を放つと、続く長野は同一、三塁で右犠飛。阿部の右前適時打で3点先制した。

 先発の内海哲也が7回途中5奪三振1四球、4安打1失点と好投。自身4連勝で4勝目(2敗)をつかんだ。

 6日の阪神戦は左腕・田口麗斗が先発する。5カードぶりのカード勝ち越しを決め、首位・広島を追撃したいところだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月5日(火)21時2分

Full-Count